東方落語

東北弁で落語を語るそれが

お客様へのお知らせ

【 NEW 】
「霜月の戦い」にご来場いただき誠にありがとうござりすてござりすた。

この度は東方落語「霜月の戦い」にご来場いただき誠にありがとうござりすてござりすた。

若手VS真打と銘打った戦いはご来場いただいたお客様にも大変好評を得まして無事終了致しました。
東方落語ファンのお客様には少々助けられ感はありましたが(笑)特に若手3人は面しぇがった!
ちょすなは入門4年目となり、本人はまだ緊張しているとの事でしたが、あの蛸の足の食いっぷりは見事。
前座頭のふぁんた、「死ぬなら今」で自分の持味を生かした落語で見ている側の想像力を掻き立てる噺で盛り上げてくれました。
そして昨年二つ目になったがめらは、前半飛ばしすぎの感じはありましたが、人情噺「かすがい」ではしっかりとその役を演じ切りました。
いがったなぁ…まだまだ若い3人ではありますが、年を重ねて行くに連れて面白みも人間味も増して来るのでしょうね。
袖から見ていた私はどこか安心して聴いておりました。
師匠も生きていだらこうして笑ってたんだべね。
師匠、皆頑張ってますよ~!

さぁ、残すところ今年も後…わつか。
来年5月にはは21周年記念公演が控えております。
またお客様に笑っていただけますように、一門の力を合わせて頑張って参ります。
そうです、そこにお客様の笑顔がある限り…

TOPへ戻る